たいワンちゃ。

台湾生活ワンにゃら日記。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

English Bulldog watching TV (Family Guy) sitting on a couch :: 2010/08/31(Tue)

もう8月も最終日。明日から9月なんですね~!
9月と聞くと秋ですが、今年は秋らしい雰囲気も全くナシ!
残暑ならぬ、酷暑がまだまだ続きそうですね。



今日はこんな動画をご紹介♪

これだけ暑いので家で涼しくテレビを見ていると、
時々音に反応してなのか、すいももたちがじっ~~っとテレビを
見ていたりして「人間みたい!」と思ったりするのですが、

負けました。ヽ(´Д`;)ノ

このブルドックかなり人間化してます。



安定した姿勢。すごい。
左手(足?)肘掛にのっけてるし。


ワンコ社会にもいろんなワンコがいますね~♡


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪
にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0

人類の進化は動物たちのおかげ?米人類学者が発表&【映画】キャッツ&ドッグス :: 2010/08/17(Tue)

私の生活になくてはならない存在はすいもも♡(彼は…?笑)
そして人間が歩んできた歴史のなかになくてはならない存在が動物です。
その動物たちが人間の進化にも関与していた!という研究結果が
アメリカで発表されました。



最近ではコンパニオンアニマルとしてだけでなく、医療現場などでも
動物の存在が人間にさまざまな影響を及ぼすことがわかってきたが、
古くは人間の進化にも動物が深く関係しているという、
興味深い研究結果がアメリカで発表された。

米ペンシルバニア州立大学の古人類学者、パット・シップマン教授は
学術誌『Current Anthropology』最新号で、野生動物の家畜化など、
他の動物種との密接な関係が人類の進化を加速させたという研究結果を発表した。

教授の説によると、他の動物種を“家畜化”するという行為は人間にしか
見られない特有のもので、そのきっかけとなったのは、およそ260万年前に
人類が石器を発明し、狩りを始めたことだという。

「それまではどちらかといえば被捕食者側だった人類が、石器の発明を機に
急速に肉食動物へと進化したのには、他の肉食獣との競争に勝ち残るために、
あらゆる動物をよく観察しその習性を学ぶことで、より効率的な
狩りの方法を編み出していったことが背景にある」と教授は指摘する。

その結果、人類は鋭い爪や牙を発達させるという肉体的な進化に時間を
費やすことなく、一足飛びにライバルの肉食獣を凌駕するほどの狩りの技術と、
野生動物に関する知識を手に入れた。また、他者と協力して狩りを進めるに
あたり、意思疎通と情報伝達の手段が必要だったことが、言語の急速な
発達と普及にも大きく影響しているのだという。

その証拠に、古代の壁画には動物を詳細に描いたものが数多く残されて
いるのに対し、植物などの壁画はあまりに数が少なく、動物に関する情報を
伝達することがいかに重要だったかをうかがわせていると教授は指摘する。

さらに、野生生物に関する豊富な知識を武器に、人類は従来の狩りから、
より効率的に資源を調達できる“野生動物の家畜化”を選択し、独自の
進化を遂げるわけだが、“家畜化”の代表的な動物として犬を例に挙げた
教授は、そもそも野生動物を飼い慣らすという発想は、食肉目的ではなく、
使役動物として利用することを最初のきっかけにして誕生したのではと語る。

というのも、オオカミの群れを飼い慣らすための時間と、その間に必要となる
莫大な飼料を考えれば、オオカミを食肉目的で利用するのはあまりに非効率的で、
それよりも狩りの手助けや他の肉食獣から身を守るための使役動物として
利用したほうが、より多くのメリットを享受できると考えているようだ。

それは牛乳や卵を得たり、大量の荷物の運搬や長距離移動のために牛や馬、
鶏を家畜化したことにも通じており、動物が衰えて従来の目的を果たさなく
なったときに初めて食肉にしたのではないかと結論付けている。

科学専門ニュースサイト「ライブ・サイエンス」の取材に対し、教授はこう語る。

「立派な牙や俊敏に動ける体を持たなくとも、犬がいれば狩りができるし、
ネズミから食料庫を守るために鋭い爪を生やさなくとも、猫がいれば退治してくれる。
こうして各々の動物の特徴や習性を理解し、積極的に彼らと緊密な関係を築くことで、
人類は急速、かつ、ユニークなかたちで進化することができたのではないでしょうか」
(ペット大好き!より)


人間の進化になくてはならない存在だった動物。
現在は違う形で「なくてはならない存在」になってますよね。




犬も猫もここまで進化する日がくるのかな?(o´艸`)


日本では8月21日、台湾では8月20日公開です~♪
ちなみに中国語題名は「貓狗大戰:珍珠貓大反撲」

**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪

にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0

雷パニックにサヨナラ! 愛犬用リラクゼーションCDで夏を乗り切ろう :: 2010/08/11(Wed)

この時期夕立やスコールでも多い時期。
うちのすももは大きな音や雷が苦手。雷が鳴り出すとぶるぶるぶるぶる…
見ていてとてもかわいそうです。目に見えない不明な音におびえる
ワンコたちは多いと思います。そんなワンコたちにこんなニュース!



雷雨や打ち上げ花火などに出くわす機会が多い夏は、大きな音に敏感な
犬にとって、少々ツラい季節。ドーンと爆発音が鳴るたびに愛犬が
パニックを起こす、なんて状況にお困りの方もいるだろうが、
そんなオーナーと愛犬におすすめのCDが現在アメリカで発売されている。

犬用CDシリーズ『スルー・ア・ドッグス・イヤー(Through a Dog’s Ear)』
は、大きな音などによるストレスに悩まされている愛犬のために開発
されたものなのだが、このCDがユニークな理由は科学的根拠をもとに
制作されている点だ。音楽プロデュースのかたわら、音響心理学の
研究も行っているジョシュア・リーズ氏を中心に、動物行動学者や
ピアニスト、動物神経学者などの研究をもとに制作されたのだという。

ベースになっているのは、ふたつの実験結果だ。ひとつはアイルランドの
動物行動学者、デボラ・ウェルズ博士が行った実験で、「人の会話」
「クラシック」「ヘビメタ」「ポップス」「無音」の5つのうち、
どの音環境で犬がもっともリラックスするかを検証するという内容。

動物シェルターの収容犬たちで実験した結果、クラシックを流した際に
もっとも多くの犬たちがリラックスした状態になり、他の音環境に比べて
吠える回数も少なかったという(逆に犬たちがもっとも興奮したのはヘビメタ)。
もうひとつの実験ではさらに細かく、犬たちが気に入るアレンジやピッチに
関して検証が重ねられ、その結果、1種類の楽器(この場合はソロピアノ)で
演奏された、スローテンポでシンプルなアレンジの曲がもっとも犬たちを
リラックスさせることがわかった。

雷恐怖症や分離不安など何かしら問題を抱えた犬たちのうち、普通の
クラシックを聴かせた場合では、症状の軽減を見せた犬が全体の36%だった
のに対し、犬用アレンジの曲の場合、70%の犬に症状の軽減が見られたという。

記者も同CDの公式サイトで何曲か視聴してみたのだが、確かに通常のクラシック
よりアレンジがシンプルで単調に感じられたものの、逆にその淡々とした曲展開が
耳に心地よい印象だった(って私は犬か?)。日本語版は発売されていない模様
だが、通販サイトでなら購入可能なようなので、愛犬の爆音パニックでブルーに
なっているオーナーは試してみてはいかがだろうか?

ちなみに、現在は「Vol.1」「Vol.2」に加えて、「ドライブが苦手な犬用」
「室内犬用」の4枚が発売されており、CDは各々14ドル98セント(約1280円)、
ダウンロードなら9ドル99セント(約850円)。
(「ペット大好き!」より)



この商品、探してみたらありましたよ(。→∀←。)



CDはどうやら品切れ状態。
入荷したらすももにも聞かせてあげよう~♪

公式サイトで視聴もできます( ´∀`)♪
Through a Dog’s Ear』公式サイト(英語)



**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪

にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0

ペットの犬に使う金額、平均は月1万5000~1万6000円強 :: 2010/07/24(Sat)

空を見ると入道雲があったり、ものすごく空が高く感じたり
夏だ!と実感します。風の強い日は星も月もすごくきれい。

さて。今日はこんな記事見つけましたよ~。



家族と同じくらい身近な存在となっている人もいるペット。
代表的なペットとして犬が挙げられるが、犬を飼うためにどのくらいの
お金や時間を注いでいるのだろうか。ヤフーバリューインサイトの調査
によると、犬を1匹飼っている人に「1カ月当たりの犬に関する費用」を
尋ねたところ、平均金額は1万5000~1万6000円強(既婚・子あり1万5016円、
既婚・子なし1万6303円、未婚・一人暮らし1万6060円)だった。
費用の内訳を見ると、「食費(ドッグフードや食材、おやつなどの食べ物、
飲み物)」(平均5000円前後)や「保険・医療・介護費」(平均4000円前後)
が多く、「生活用品代(ベッド、マット、トイレ用品など)」(平均2000円弱)
や「グルーミング・トリミング費用」(平均1500~2000円)、「衣料・グッズ代
(首輪、リード、洋服、おもちゃなど)」(平均1000円強)が続いた。
属性別に見ると、既婚・子なしでは「保険・医療・介護費」「グルーミング・
トリミング費用」「旅行費用」などにかける金額が高くなる傾向にあるようだ。

時間はどのくらい使っているのだろうか。「1週間当たりに犬に費やす時間数」
を聞くと、平均時間は10時間前後(既婚・子あり9.5時間、既婚・子なし
10.7時間、未婚・一人暮らし10.8時間)。項目別に見ると、最も長い「散歩」
が4.3~5.0時間、「自宅で遊ぶ(しつけ・トレーニングを含む)」が3.4~
4.6時間、「ブラッシングなどのケア」が1.4~1.9時間だった。
また、「本当はかけたい時間数」を尋ねると、平均時間は13~15時間(既婚・
子あり13.3時間、既婚・子なし13.8時間、未婚・一人暮らし15.6時間)と、
実際に費やしている時間より30~40%多い時間を必要としているようだ。
特に未婚・一人暮らしでは、実際にかけている時間数も本当はかけたい時間数も
既婚の人より長く、ヤフーバリューインサイトでは「犬と自分だけの生活なだけに、
犬のために時間を費やしたい気持ちが強いようだ」とコメントしている。
インターネットによる調査で、対象は1都3県在住で犬を飼っている20~50代の
男女760人(男性360人、女性400人)。調査期間は6月25日から27日。
(ヤフーバリューインサイトより)


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0

世界一“ブサイクな犬”の称号に、飼い主は「??」 米国 :: 2010/07/06(Tue)

台湾は明日からまた午後雷雨(どっしゃぶり)になるようです。
雨が降れば少しは涼しくなるのだけれど、出かける時間や散歩の
時間に降られると困りますよね。う~ん究極。



さて。
今年もこのニュースの季節がやってきました。

米カリフォルニア州ソノマ郡で、毎年この時期に開催される「ソノマ・
マリン・フェア」の目玉企画として人気を集めるドッグイベント「世界一
ブサイクな犬コンテスト」が、今年も6月25日に開催された。

 今年で22回目を迎える伝統ある(?)このコンテストで世界一の称号を
勝ち取ったのは、同州在住のキャサリン・フランシスさんの愛犬、
4歳のメスチワワ「プリンセス・アビー」だ。

 前肢と後肢の長さが違うために背中が大きく曲がり、カンガルのように
前かがみの状態で歩くことしかできない上に、左目はふさがり、両耳も
不自然なほど大きいという、確かに奇妙な風貌の彼女だが、後肢で立ち
上がり華麗なダンスを披露するそのチャーミングな姿で審査員や観客を
魅了し、見事チャンピオンの座を勝ち取った。

 3ヶ月ほど前、知人に頼まれ車で動物病院まで送っていった際に、その
病院に保護されていたプリンセス・アビーと偶然出会い、ひとめ惚れした
というフランシスさん。このコンテストへの参加は、もともとはそこの病院
スタッフのアイディアだったとか。

 「アビーは5ヶ月前に重度の栄養失調とノミだらけの状態で街中を
さまよっているところを、警察官に保護された子なの。最初はペットなんて
飼う気はサラサラなかったのに、彼女を見た瞬間、うちの子にすることを決めたわ。
今まで一緒に暮らしたペットのなかでも、最高の子よ」

 プリンセス・アビーについて、そう愛情たっぷりに語るフランシスさんは、
今回の優勝を心から喜んではいるのだが、メディアへのインタビューに対しては
「どうしてこんなかわいらしい子が“世界一ブサイクな犬”に選ばれたのか、
わからない」とコメントしているとか。

 なお、ふたりには1600ドル(約15万円)の賞金が贈られたそうだ。

 審査員のひとりは、プリンセス・アビーの変形した背中や目はおそらく
生まれつきのもので、近親交配の結果ではないかとしており、「去勢・避妊手術
の普及啓発活動のマスコット犬を務めるのに彼女はピッタリ」とコメントしている。
(ペット大好き!より)


どんなにブサイクといわれる外見でも飼い主さんとの愛情が
結ばれているからこそ参加できるコンテストですよね。
アメリカならではのユニークなコンテストです。


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0

唾液を調べ、がん発見 慶大研究所などが新技術開発 :: 2010/06/30(Wed)

暑い日が続きますね~。
台湾では外の暑さと室内の超冷房の温度差で体調を壊してしまうことが
多いので夏でも1枚羽織るものが必要です。あとは雨でも晴れでも
傘が必需品でしょうか?(o´艸`)



さて。
今日は医療に関するニュース。

唾液(だえき)に含まれる成分を調べ、がんを発見する技術を、
慶応義塾大先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)と米カリフォルニア大
ロサンゼルス校(UCLA)が共同で開発した。唾液の検査は、X線や
血液の検査より患者の負担が小さく、実用化されれば症状が出にくい
がんの早期発見につながる可能性がある。

 UCLAが、膵臓(すいぞう)がん、乳がん、口腔(こうくう)がん患者や
健常者ら215人の唾液を集め、慶応大がそれぞれのがんに特徴的な物質を探した。
検出された約500種類の糖やアミノ酸などのうち、膵臓がん患者はグルタミン酸の
濃度が高いなど、健常者に比べ濃度が高かったり低かったりした54物質を特定した。

 これらの物質の特徴を組みあわせた解析で、がん患者を対象に、がんが判別
できる精度を調べた。この結果、膵臓がんの99%、乳がんの95%、口腔がんの
80%を見分けられた。年齢や性別、人種の差は、あまりなかった。

 膵臓がんは、早期段階では特徴的な症状がない上、他の臓器に囲まれているため
見つけにくく、進行して見つかる場合が多い。実用化のためには、がんと診断されて
いない人を対象にした試験や、唾液の状態による影響、早期がんの患者にも
有効なのかの確認など、さらにデータの蓄積と検証が必要になるという。

 この分野に詳しい静岡県立静岡がんセンター研究所の楠原正俊医師は
「唾液のような液体に含まれる物質を一度に何百種類も分析できる方法自体が画期的。
既存の血液による検査方法では早期がんの検出は難しい。早期がんが発見できるかに
注目していきたい」と話す。

 研究結果は28日、オランダで開かれているメタボローム国際学会で発表される。
(朝日新聞社より)


ぺっとの間でもがんの病気が増えていますよね。
唾液は人間だけでなく、ペットにもあるわけですからワンコたちの間でも
唾液によるがん早期発見ができる日がくるんでしょうね。


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0

やっぱり犬好きはアウトドア派で、猫好きはインドア派? ペット総研調べ :: 2010/06/28(Mon)

台湾は昼過ぎまでどっ天気で午後は雷雨、という日が続いています。
朝の散歩はokですが、夜は雨を避けたいのでちょっと遅めに。
すいももたちは午後は家でゆっくり過ごしています。



今日はこんなおもしろニュース。

ペットのアンケートサイト「ペット総研」は6月23日、ペットオーナーの
ライフスタイルに関するアンケート調査の結果を発表した。

ペットオーナー1349名を対象に行われたアンケートでは、家族構成や住環境
などの基本的な生活情報から、趣味・嗜好、消費活動など、多岐に渡る調査が
行われた。その結果によると、生活様式に関しては「一戸建て(持ち家)」
「配偶者とふたり暮らし」「世帯年収200〜400万円未満」というペットオーナーが
多いことがわかった。

犬・猫別に見ると、世帯年収が「200万円未満」、居住人構成が「1人」と回答した
猫オーナーが犬オーナーの倍近くにのぼったほか、住居形態が「一戸建て(持ち家)」
と回答した犬オーナーが猫オーナーに比べて10%以上多いなど、猫オーナーは
犬オーナーに比べ、集合住宅にひとり暮らしをしながら飼育している人が多いことをうかがわせた。

また、趣味・嗜好に関する調査結果からは、例えば「ドライブ・ツーリング」や
「旅行」などのアウトドアなものは犬オーナーのほうが、「読書」「漫画」「カラオケ」
など室内で行うことが多い趣味は猫オーナーのほうが好む傾向が強いこともわかった。
「ペット総研」はこの結果より、ペットとしてどの動物を迎えるか決める際には、
自分や家族の趣味や好み、ライフスタイルがとても大きな影響を与えるようだと分析している。

また、これからペットを飼う予定の人は、ペットを飼うのに適した住環境や飼育に
必要な人数、費用などについて考える際に、これらの先輩ペットオーナーのデータを
参考にしてほしいとしている。
(ペット総研「ペットオーナーのライフスタイル」より)




趣味や嗜好は人それぞれですから一概には言えませんよね。
ワタシは犬派!でも旅行・ドライブも読書もカラオケもだ~いすき♡
でも外出を多くする人だったら一緒に出歩ける犬の方が多いのかな?


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0

これぞアメリカン・ジョーク? ペットの「ヘンな名前ランキング」【犬編】 米国 :: 2010/06/24(Thu)

梅雨の時期じめじめしていてワンコたちは
皮膚病の心配な季節でもありますね。
早くカラッとお天気にならないかな~。


さて。
日本での昨年の犬の名前で人気第一位は「モモ」ちゃんだったそうですが、
アメリカでも面白調査が行われたようですよ~。


アメリカ最大手のペット保険会社「VPI」は17日、ペットに関する、ちょっと
変わったランキング結果を発表した。トップ10に選ばれた犬や猫に贈られた
称号は、“もっともヘンな名前のペット”だ。

同社のペット保険に契約している約50万頭ものペットのなかから、
社員らがヘンな名前をつけられた犬と猫を選び出し投票を行い、各々上位
10頭を選出するという方法で作成された、このランキング。

言葉や文化の違いもあり、我々日本人にはそのユーモアがなかなか理解
しがたい名前も多いが、なかには「ドッグ・ベイダー」「ベティ・プープ」
「クレオキャトラ」など、比較的元ネタのわかりやすいヘンな名前も見られ、
ちょっと笑える。

有名人やキャラクターの名前をそのままつけるのではなく、ちょっとモジったり
ヒネったりしているあたり、アメリカのペットオーナーは、
意外とダジャレ好きなのだろうか?

ランキング詳細は以下の通り。

【犬編】
1:Pickle Von Corndog
(ピクル・フォン・コーンドッグ/
ピクルスを作っている最中に思いついたらしい)

2:Lord Chubby Pruneface
(チャビー・プルーンフェイス卿/“プルーン顔”=顔がシワシワだから)

3:Badonkadonk
(バドンカドンク/スラングで“魅惑のお尻”の意だとか)

4:Ninjastar Dangerrock
(ニンジャスター・デンジャーロック/
身のこなしが忍者ばりに華麗だったことが由来)

5:Molly Mcboozehound
(モリー・マクブーズハウンド/二日酔いでゲッソリしているように
見える顔の模様から、“酒豪”を意味する“boozehound”を名前に入れることに)

6:Dog Vader
(ドッグ・ベイダー/もう言わずと知れたあのキャラクターのモジリ)

7:Flopsy Squeakerton
(フロプシー・スクイーカートン/詳細不明。
でもおそらくスクイーカー入りのおもちゃが好きだからかと)

8:Bettie Poops
(ベティ・プープ/“ベティ・ブープ”のモジリ。
ちなみに“Poop”は“ウンコ”の意)

9:Geez Louise
(ジーズ・ルイーズ/“オー・マイ・ゴッド”的な感嘆詞)

10:Barnaby Bones
(バーナビー・ボーンズ/
ドラマ『名探偵ジョーンズ』のバーナビー・ジョーンズのモジリ)

(「ペット大好き!」より)


わかりにく~いアメリカンジョークもあれば、日本にはない新鮮さもあったり。
ワンコの名前もお国によって様々ですね~。


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0

◆「犬の国勢調査2010」結果発表 1番人気はやっぱりダックス◆ :: 2010/06/23(Wed)

わー。こちらもこんなに放置してしまいました。
続けることはムズカシイ。がんばります(;´Д`)





さて。
今年も「犬の国勢調査」の結果が発表されましたよ~。


アイリスオーヤマ株式会社は15日、同社のウェブサイト会員に対して行った
アンケート調査「犬の国勢調査2010」の集計結果を発表した。

今年3月の「猫の国勢調査2010」に続いて行われたこの調査では、
同社が運営する「アイリスペットどっとコム」会員2880名・4023頭を対象に、
犬種や年齢などの基本情報から、愛犬とよく利用する施設など、多岐に渡る
アンケートが行われた。

その結果によると、もっとも多かった犬種は依然根強い人気を誇る
ミニチュア・ダックスフンドで、2歳~7歳の成犬がもっとも多い年齢層となった。

愛犬と一緒に外出する頻度を問う設問では、「週に1度」が約30%でもっとも多く、
ついで「2週間に一度」(約20%)と続いた。また、その目的地では
「公園・キャンプなどの野外施設」が一番人気だったが、一方で
「ショッピングモール・ホームセンター」など、愛犬と一緒に買い物が楽しめる
場所も利用者が増えていることがわかった。

 そのほか、各設問の1位の回答は以下の通り。

【年齢】 2歳以上7歳未満(48%)
【猫種】 ミニチュア・ダックスフンド(17%)
【性別】 オス・未去勢(27%)

【飼育状態】 完全室内飼い(85%)
【住宅環境】 一戸建て(69%)

【お散歩以外のお出かけ回数】 1週間に一度程度(33%)
【お出かけ時の行き先】 公園・キャンプ場などの野外施設(55%)

【おやつをあげるタイミング】 しつけのとき(49%)
【過去1年のトリミング回数】 過去一度も行っていない(28%)

【飼育のきっかけ】 犬が好きだから(75%)
【犬を迎えた場所】 ペットショップ(52%)

【今まで飼った愛犬の頭数】 2頭目(36%)
【愛犬の困った点】 抜け毛が気になる(14%)

※()内は全体を占めるおおよその割合

【参考】 アイリスペットどっとコム「犬の国勢調査2010」



ミニチュア・ダックスでしたか~(。→∀←。)
ミックスも負けてませんでしたね。

台湾でこの調査をしたら何犬になるんでしょう??
やっぱり多いのはトイプーかチワワ?!
もしかして台湾黒犬!とかになるのかも?


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0

アニコム「多頭飼育」の意識調査を実施 問題行動が減ったとの声も :: 2010/03/19(Fri)

近年、多頭飼いしている方も多いと思います。
アニコムが多頭飼育している飼い主に対して以下のような
意識調査を実施しました。



アニコム損害保険株式会社は3月19日、2頭以上ペットを飼う
「多頭飼育」に関する意識調査の結果を発表した。

同社のペット保険「どうぶつ健保」契約者のなかで、多頭飼育を
行っているペットオーナーを対象に行われた調査によると、まず
2頭目のペットを迎えた理由について、「先住ペットの遊び相手として」
(43.7%)、「先住ペットがひとりでかわいそうだから」(35.1%)
など、“1頭目のペットのため”という理由から多頭飼育に
踏み切る人が多いことがわかった。

多頭飼育のメリットに関しては、「飼い主依存が少なくなった」
「よく遊ぶようになり肥満が解消した」など、当初の狙い通り
「先住ペットに良い変化があった」と回答している人のほか、
「家族の会話が増えた」「人と動物のいい距離感が生まれて
自分の時間が持てるようになった」など、飼い主側にも
いい影響が生まれたことを指摘する声も多く見られた。

一方、デメリットについては、「散歩やお手入れに時間がかかる」
「予想以上に費用がかかる」といった物理的な悩みや苦労をあげる人が多かった。

飼育頭数が1頭から2頭になれば、倍とは言わないまでも、
時間や費用がそれまで以上にかかることは避けられないようだが、
それに余りある喜びや楽しみを多頭飼育に感じている人が多いようだ。
(「ペット大好き!」より)




我が家でも先住犬すいかのお嫁さん候補としてすももを迎えたのですが
すもものおかげですいかの犬同士のコミュニケーションがスムーズに
なったことや、留守番の際に悲しく鳴くこともなくなった上、飼い主の
私も以前よりも後ろ髪惹かれることなく出かけられるようになりました。
2匹との生活、充実してます(o´艸`)


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。