たいワンちゃ。

台湾生活ワンにゃら日記。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

ワンコと一緒に楽しむアロマ■■ベルガモット■■ :: 2009/04/22(Wed)

いやーなことや不安なこと、緊張などをほぐす
働きのあるアロマ「ベルガモット」をご紹介します。


【ベルガモット】
《学名》Citrus bergamia
《科名》ミカン科
《主な産地》イタリア・モロッコ・チュニジア・ギニア

《採油方法》果皮の圧搾法
《揮発度》トップノート
《香りの強さ》弱
《注意》光毒性があるので使用後は直射日光を避ける。
敏感肌の場合は使用量に注意する。


レモンよりも甘く、オレンジよりもやわらかい香りのベルガモットは
柑橘系の中でも特に人気の高い精油だそう。
紅茶でもアールグレーの香り付けとして使われていますよね。
ストレスや緊張で気が立っている時に心を落ち着かせてくれてたり、
明るく、穏やかな気持ちにしてくれるほか、安眠も促してくれます。
体への働きは消化促進、殺菌、消毒、抗炎症作用などがあります。
相乗効果が高いため、他の精油とのブレンドも楽しめます。


《作用》駆風・解熱・健胃・抗ウィルス・抗うつ・消化促進・鎮痙・鎮静・
消臭・瘢痕形成・殺菌・殺虫・抗炎症
《相性のよい精油》イランイラン・カモミール・サイプレス・ジャスミン・
ジュニパーベリー・ゼラニウム・ネロリ・パチュリ・パルマローザ・
マジョラムスウィート・ユーカリ・ラベンダー・レモン

同じ「ベルガモット」という名のタイマツバナ(Monarda didyma)という
一年草のハーブは香りが似ていますが全く異なる植物です。



**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
(↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。)
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. アロマテラピー
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<【ニュース】愛犬家住宅コーディネーター資格登場 進む、犬と暮らすための住環境整備 | top | 【ニュース】愛犬はデンタルケアが好き?!嫌い?!調査結果発表>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taiwanchadog.blog73.fc2.com/tb.php/33-0d5f97d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。