たいワンちゃ。

台湾生活ワンにゃら日記。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

手作りゴハン【おすすめ食材?野菜類】 :: 2009/04/10(Fri)

おすすめ食材?は野菜。
野菜類は体の老廃物を取り除いてくれたり、
免疫力を高めるなどの様々な作用を期待できます。





【大根】
大根に含まれる成分で消化酵素であるアミラーゼはでんぷんを
分解する酵素で胸やけや胃もたれを防ぎ消化をサポートしてくれます。
大根には血液を粘らせる過剰なたんぱく質を分解、消化するプロアテーゼ
が含まれており、その働きで腎臓の働きを良くし、排尿を促してくれます。
同じ酵素であるオキシダーゼも含み、解毒作用にすぐれています。
葉にはカロテンを豊富に含みカルシウム・食物繊維・ビタミンC
といった栄養素が多く、特にカルシウムが豊富。皮膚や歯、骨を
丈夫にします。また、リグニンという水溶性の食物繊維は胃腸を強くし、
ガンを予防します。酵素は熱に弱いのでなるべく生で与えるのが理想的です。
大根おろしにリンゴおろしを混ぜてあげるのもいいかも。

【かぼちゃ】
黄色い果肉はカロテンの色で、粘膜を守り、感染症を防ぎます。
ゆでたカボチャを4切れほど食べれば1日分のビタミンE摂取量がとれます。
ビタミンEは若返りのビタミンといわれ老化防止や動脈硬化症の予防が
期待されます。3大抗酸化β‐カロテン、ビタミンC、ビタミンEが豊富で
血行促進、細胞再生、重金属の排泄、肝臓の解毒作用などに効果アリ。
クルルビタシンやセレンといった抑制物質も含まれています。

【トマト】
カリウム、カロテン、ビタミンC、B群、ケルセチンなどを多く含んでいます。
カロテンのなかの1つにリコピンがあります。これはトマトの赤みを
つくっている色素で、制ガン作用があります。トマトの酸味はクエン酸、
リンゴ酸、コハク酸などの有機酸で胃のむかつきを解消し
疲労回復に有効です。ナス科の植物のトマトは低カロリー食材ですが
上記のビタミンなどが熱によって壊れにくいのが特徴。
老化防止、がん予防、解毒、血液浄化、脂肪消化などに効果があり、
胃腸が弱いワンコにはおすすめの食材。

【にんじん】
ニンジンの赤い色はカロテンの色素で体内でビタミンAにかわります。
ビタミンAは活性酸素を抑え、眼精疲労、白内障・夜盲症にも有効です。
ミネラルや繊維質も多く、体をあたため、胃腸機能を高めます。
また、造血作用があるため貧血の改善や予防にも効果的。
その他、下痢、血管疾患、糖尿病、肥満、生活習慣病、肺ガンや膵臓ガン、
悪性腫瘍予防にも役立ちます。

【キャベツ】
キャベツ特有の成分として抗潰瘍性ビタミン、ビタミンUを含むのが
大きな特徴で別名キャベジンと呼ばれています。食物繊維が豊富で酵素類も
豊富。胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効果があり、脂肪肝を予防する働きもあります。
淡色野菜の中でもビタミンCが豊富でキャベツを2~3枚生で食べれば
1日の必要量の50%以上がとれてしまいます。過食すると甲状腺が腫れることも
あるので海藻やサプリメントなどでミネラル補給した方がよいと思います。
風邪の予防、疲労回復、肌荒れの解消に効果的です。



【ブロッコリー】
ビタミン類・ミネラル類をバランスよく含んでいます。キャベツ同様アブラナ科の野菜。
アブラナ科の野菜は抗がん物質(スルフォラファン)を含んでいることが特徴で
特にブロッコリーは物質含有量が特に多いことで知られています。
便秘予防、動脈硬化予防、糖尿病予防、胃潰瘍予防に効果アリ。
漢方では腎機能を強め、虚弱体質を改善し、胃腸を丈夫にする作用があると
いわれています。海藻類と一緒に食べた方が◎。

【白菜】
カリウムを多く含み利尿作用によってナトリウムの排泄を促すので、
高血圧予防に効きます。アブラナ科の野菜がもっている発がん物質を抑える
作用のある物質を含んでいます。食物繊維が豊富で繊維が比較的やわらかいので
ワンコの胃腸に負担を与えない食材。あくが少ない食材なのでアレルギー体質の
ワンコにはおすすめです。

【ごぼう】
根菜の中でも食物繊維の含有量はトップクラス。主な成分は炭水化物で、
消化吸収されない水溶性のイヌリンと不溶性のヘミセルロースなどの食物繊維、
これがゴボウ独特の歯ごたえや風味を作りだしています。
便秘解消、食物中のコレステロールの排泄抑制、糖分の吸収抑制作用も
あるので肥満のワンコにもおすすめの食材です。イヌリンは腎機能を高め、
利尿効果があるといわれています。水溶性食物繊維には動脈硬化や
糖尿病予防に効果があります。また、木質素ともよばれるリグニンが
注目されており、ガン予防や胆汁酸を吸着し、排泄させる作用があります。
亜鉛、銅、セレン、鉄などのミネラルも多く、カリウムも多いためナトリウム摂取
が過剰の場合もよい食材です。造血力回復、貧血防止にも効果的。
中医では解毒、解熱、鎮咳などの治療に利用されています。

【ピーマン】
ビタミンCを多く含み加熱してもCが破壊されにくいのが特徴です。
黄色のピーマンや赤ピーマンはレモンよりCを含んでいるので、
疲労がたまっているときには、積極的にとりたい食材の1つ。
テルペンなどのがん抑制物質も含まれています。ビタミンPも多いので
毛細血管強化にも役立ちます。ピーマンの青臭さのもとはピラジンといい、
脳血栓や心筋梗塞の予防に有効です。

【パプリカ】
甘みがあり、栄養価も高い食材。
抗酸化物質の働きで皮膚や粘膜の抵抗力を強くします。

【しょうが】
解熱作用、抗炎症作用、鎮痛作用、鎮咳作用、強心作用、抗酸化作用、
肝機能改善作用、抗がん作用、殺菌作用があります。

【きのこ】
免疫力を高めるβ‐グルテンなどの多糖類が含まれています。
細かくしてから煮込んで使用するのが◎。

【ほうれん草】
カロテン、ビタミンB1、B2、B6、C、E、鉄、マンガンなど多くの栄養素を
含んでいます。他の野菜より特にカロテンを多く含み体内でビタミンAに
かわるので夜盲症、風邪などの予防に有効です。
ビタミンEを含む食品と一緒に摂取するとがん予防効果がupします。
造血ビタミンとよばれる葉酸を多く含み、鉄も豊富なので、貧血予防に
力を発揮します。また葉緑素も含んでいるのでニコチンやアルコールを
中和します。漢方では腸を潤して便通をもたらす野菜として知られています。
下ゆでし、水にさらしてから使えばシュウ酸は抜けます。



**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村

+台湾茶+blog
もよろしくデス♡
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 食材/栄養成分
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<手作りゴハン【おすすめ食材?だし】 | top | 【ニュース】肥満と疾病の関係。体脂肪率35%以上で疾病リスク約2倍に>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taiwanchadog.blog73.fc2.com/tb.php/25-5af10363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。