たいワンちゃ。

台湾生活ワンにゃら日記。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

手作りゴハン【おすすめ食材?脂質】 :: 2009/04/03(Fri)

おすすめ食材に戻って、
今日は【おすすめ食材?脂質】です。


脂質は単純脂質・複合脂質・誘導脂質など
たくさんの種類がありますが、中性脂肪(肉の脂身)が
最もなじみ深いかもしれません。カロリーは9kcal/gなので、
過剰摂取は肥満の元になりますから注意が必要。
脂質の中で重要なのは「リノール酸」という物質で、
成犬なら体重1kg/0.22g、子犬なら体重1kg/0.44g必要です。
犬の体重によって必要量は変化しますが、小さじ1~3杯くらいを
ゴハンに混ぜれば必要量は満たすと思います。





【菜種油(キャノーラ油)】
キャノーラ種の菜種からとった油で骨粗しょう症を予防する
ビタミンKを含みます。生でも加熱調理しても成分変化の少ない
万能油です。風味は淡白でオレイン酸の含有率が非常に高く、
リノレン酸の含有量も高めです。不飽和脂肪酸は油脂類の中で
最少量です。(リノール酸含有率=23%)

【紅花油】
べに花の種子が原料で風味はまろやか。
リノール酸やオレイン酸の含有量が豊富です。(リノール酸含有率=77%)

【綿実油】
風味はさっぱりしており、ビタミンEが100g中約30mgとふんだんで、
リノール酸も豊富です。(リノール酸含有率=57%)

【コーン油】
とうもろこしの胚芽を使った油は酸化しにくく、加熱に強い特徴があります。
風味は甘くまろやか。リノール酸オレイン酸が豊富です。
(リノール酸含有率=60% オレイン酸含有率=25%)

【ひまわり油】
ひまわりの種子から作られる油で風味は淡白。
ビタミンEの含有量が100g中39mgと豊富です。(リノール酸含有率=69%)

【ごま油】
香ばしい香りが特徴的でオレイン酸やリノール酸を多く含みます。
セサミンなどの抗酸化物質の働きで肝機能強化にも有効。体内での
活性酸素の生成を抑制します。カルシウム・マグネシウム・鉄・銅・
亜鉛などのミネラル類、ビタミンA・B1・B2・Eなどビタミンも豊富です。
(リノール酸含有率=45%)

【オリーブオイル】
酸化しにくく一般的に最も体に優しい油といわれています。オレイン酸・
ビタミンA・ポリフェノールなどを含有しており、がん予防や糖尿病対策、
便秘対策にも広く活用されています。また、悪玉コレステロールを下げ、
善玉コレステロール値を上げるので心臓や血管、血液のトラブル防止にも
効果があります。(リノール酸含有率=13%)

【鶏皮】
鶏の脂身は表面が軽くこげる程度に炒めると香りがとてもよいです。
食欲促進のためのアイテムになるかも。

【亜麻仁油】
体重10kgに対して1日あたり約小さじ1を与えます。
フラックスシードオイルとも呼ばれ、亜麻の茎の繊維からは亜麻布(リネン)
が作られ、古くから衣類などに用いられています。亜麻仁油は人や動物の
健康に欠かせない必須脂肪酸、中でもα-リノレン酸などのオメガ3脂肪酸を
豊富に含み、同時に理想的なバランスでオメガ6脂肪酸を含んでいます。
血中のコレステロール値を下げ、血液をサラサラにし、炎症を沈静する
作用があるほか、一部の心疾患やがんの発生を抑える効果を期待できます。
また皮膚トラブルを予防し、被毛の美しさを保つ効果もあるといわれています。






油も植物性のものが良いといわれています。
加熱処理で酸化されにくく、健康に良い油を選びましょ~。


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪
いつもどうもありがとう♡


にほんブログ村

+台湾茶+blog
もよろしくデス♡
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 食材/栄養成分
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<【すいもも日記】すいかとすもものおみやげですよ~。 | top | 【ニュース】ペットショップでの犬猫の販売を禁止する条例の審議>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taiwanchadog.blog73.fc2.com/tb.php/19-c0d7e32f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。