たいワンちゃ。

台湾生活ワンにゃら日記。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

狂犬病について◇◇ :: 2013/07/26(Fri)

7月23日、台東県で人を咬んだイタチアナグマが
狂犬病ウイルスに感染していたことが確認された
ことを台湾行政院農業委員会が公表しました。


*Yahoo!奇摩新聞より

このイタチアナグマは捕獲後、まもなく死亡。
台湾では、犬、猫、捕獲された野生の犬に対する
狂犬病の予防接種が強化されています。

台湾での狂犬病発生は54年ぶり。
台湾は日本と並んで狂犬病が発生していない
世界でも数少ない地域の1つでした。

狂犬病は、発病するとほぼ100%死亡する危険な病気で
多くは動物に咬まれることによりうつりますが、
動物の唾液が目、鼻、口や傷ついた皮膚から
入ることによってうつることもあります。
病名は『狂「犬」病』ですが、犬や猫のほか、
サル、キツネ、アライグマ、マングースや
コウモリなどの動物からもうつります。

病患情報など→狂犬病/厚生労働省

発症後の有効な治療法がないため
現在では予防しか手段がない狂犬病。
人間が感染する経緯で一番多い原因は
「犬にかまれる」という経路。

人間のためだけではなく
一緒に暮らすワンコたちのためにも
犬たちの狂犬病予防は大切。



台湾では一般的にペットとして
飼われている場合は日本と同じように
屋内で飼われている場合がほとんどですが、
夜市や市場、工場、商店などで飼われている
飼い犬はつながれていない場合がほとんど。

また、河原や木々の茂った大きな公園では
野良犬よりも凶暴な野犬がいたりします。


*Yahoo!奇摩新聞より

「ペットとして飼われている場合、
普段通り屋内中心で生活をしている限り
過剰な反応をすることはないですが
屋外でほかの動物に接触する場合は注意が必要」
とニュースでも獣医師の方がお話しされていました。

獣医にかけ込み、犬だけでなく
飼い主自身の血液検査を
要求する人もいるようです。

パニックにならないためにも
予防と知識が重要ですね。



**今日から29日まで開かれている
2013 Pets Taipei(2013台北寵物用品展)では
毎日300本分無料で狂犬病予防ワクチンが
打ってもらえるそうです。
2013 Pets Taipei(2013台北寵物用品展)



==



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村
足あと代わりにぽちっ!と
応援よろしくお願いします♪


スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 病気/心のケア/ワクチン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。