たいワンちゃ。

台湾生活ワンにゃら日記。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

犬に与えてはいけない食材/危険な食材 :: 2009/03/18(Wed)

よく犬には○○がダメ!
とかいいますが、一体何がダメなのか?
今日は犬に与えてはいけない食材、と
危険な食材について紹介します。



【チョコレート・ココア(カカオ類)】
チョコレートやココアに含まれるテオブロミンという物質が犬の
心臓と中枢神経を刺激して中毒を引き起こすことがあり、
最悪の場合は命を落とすこともあります。
テオブロミンの摂取量が少量の場合は(体重1kgに対して200mg未満)
犬によっては中毒も起きないことがあるようですが避けたほうが良いです。

【卵白】
生卵の卵白に含まれるアビシンがビタミンB群の1つである
ビオチンと特異に結合し、ビオチンの吸収を低下させることにより、
皮膚炎の原因となります。生で与える時は卵黄と混ぜる、もしくは
加熱すれば大丈夫です。

【牛乳】
人間が飲む牛乳に含まれる乳糖という成分を分解する酵素
(ラクターゼ)が犬には少ないので下痢を起こしやすくなります。
人間が飲む牛乳だと脂肪分が高いためカロリーも高いです。
与えるなら犬用ミルクがいいかも。

【塩分】
犬は汗をかかないので人間の3分の1程度の塩分しか必要ありません。
犬は体内で塩分の調節ができないので人間に感じないしょっぱさも
犬には強すぎる、ということもあります。腎臓障害の原因にも。
ヒトが食べるおかし・ハム・ソーセージ・珍味・ちくわなど。

【刺激物・香辛料】
わさびや唐辛子、故障などは胃を刺激して消化感覚を
麻痺させる恐れがあります。塩分同様、胃腸障害を起こす原因にも。
唐辛子、カレー、こしょうなど。

【甘味料・キシリトール】
人間の虫歯予防によく使われているキシリトールは犬には有害。
ガム1枚でも低血糖を起こし、最悪のケースでは死亡することもあります。
チョコレートと並んで決して与えてはいけない食品の一つです。

【骨】
一般的に熱処理された鶏の骨は噛み砕いた時に縦に裂けるため
食道や胃などの消化器を傷つける恐れがあり危険なため与えない方が
よいとされています。生の骨や、圧力鍋で加熱したものはok。
しかし状況を見て与えるのがよいかと思います。

【ケーキ・クッキーなど】
糖分や脂質が犬には多すぎます。
また蔗糖を含むので虫歯の原因にもなります。

【ぶどう・レーズン】
最近の研究結果では理由は定かではないものの嘔吐・腎機能障害・
最悪の場合は死亡することもあると報告されています。
レーズンを含んだパンも気をつけたほうがいいかもしれません。

【タケノコ・シイタケ・ピーナッツ】
消化が悪いので与えないほうがいいかも。

【たまねぎ・長ネギ・ニラ・しょうが・らっきょう・あさつき・ニンニク(ネギ類)】
ネギ類に含まれるアリルプロピルジスルファイドという物質が
犬の血液中の赤血球を破壊するため、中毒を起こすもの。
溶血性貧血の原因にもなり、下痢・嘔吐・貧血・血尿などが見られます。
すき焼き残り汁、ネギのかけらが入った味噌汁も厳禁。
この成分は加熱しても「毒素」は消えないので注意です。

【エビ・カニ・貝類・イカ・タコ】
貝類・甲殻類・淡水魚にはビタミンB1(チアミン)を分解する酵素が
たくさん含まれているのでチアミン欠乏症状という症状を起こす
(食欲不振・平行失調・運動失調など)可能性があります。
栄養価も低く、消化も悪い食べ物(生もの)は消化不良や嘔吐の
原因にもなるので与えないほうが良いとされています。





犬は猫よりも雑食に近く、一瞬人間と同じ食事でも大丈夫かな?
なんて思いがち。でも人間の食べ物の中にはこのように
犬にとって危険な食材もあります。

すいかは先日階下(実家)に行った際に
家族にレーズンをもらって嬉しそうに食べていました。
その後、危険な可能性がある、と知った時、とても怖くなりましたが、
幸いその時は何もなかったので、今後はレーズンだけでなく、
上記のものには十分注意しようと思います~。
危険な可能性がある以上、怖いですもんね。

犬は甘いものが大好きなので
「スキ=与えていいもの」とは限りませんね。



**

応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村

+台湾茶+blog
もよろしくデス♡
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. 食材/栄養成分
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<【ニュース】「癒し」と「動物」 『動物とふれあう(1)いるだけでリラックス』 | top | 【肉・魚の種類や栄養成分】牛肉・羊肉・豚肉・鶏肉・馬肉・魚>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://taiwanchadog.blog73.fc2.com/tb.php/11-f5d4ad77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。