たいワンちゃ。

台湾生活ワンにゃら日記。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

唾液を調べ、がん発見 慶大研究所などが新技術開発 :: 2010/06/30(Wed)

暑い日が続きますね~。
台湾では外の暑さと室内の超冷房の温度差で体調を壊してしまうことが
多いので夏でも1枚羽織るものが必要です。あとは雨でも晴れでも
傘が必需品でしょうか?(o´艸`)



さて。
今日は医療に関するニュース。

唾液(だえき)に含まれる成分を調べ、がんを発見する技術を、
慶応義塾大先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)と米カリフォルニア大
ロサンゼルス校(UCLA)が共同で開発した。唾液の検査は、X線や
血液の検査より患者の負担が小さく、実用化されれば症状が出にくい
がんの早期発見につながる可能性がある。

 UCLAが、膵臓(すいぞう)がん、乳がん、口腔(こうくう)がん患者や
健常者ら215人の唾液を集め、慶応大がそれぞれのがんに特徴的な物質を探した。
検出された約500種類の糖やアミノ酸などのうち、膵臓がん患者はグルタミン酸の
濃度が高いなど、健常者に比べ濃度が高かったり低かったりした54物質を特定した。

 これらの物質の特徴を組みあわせた解析で、がん患者を対象に、がんが判別
できる精度を調べた。この結果、膵臓がんの99%、乳がんの95%、口腔がんの
80%を見分けられた。年齢や性別、人種の差は、あまりなかった。

 膵臓がんは、早期段階では特徴的な症状がない上、他の臓器に囲まれているため
見つけにくく、進行して見つかる場合が多い。実用化のためには、がんと診断されて
いない人を対象にした試験や、唾液の状態による影響、早期がんの患者にも
有効なのかの確認など、さらにデータの蓄積と検証が必要になるという。

 この分野に詳しい静岡県立静岡がんセンター研究所の楠原正俊医師は
「唾液のような液体に含まれる物質を一度に何百種類も分析できる方法自体が画期的。
既存の血液による検査方法では早期がんの検出は難しい。早期がんが発見できるかに
注目していきたい」と話す。

 研究結果は28日、オランダで開かれているメタボローム国際学会で発表される。
(朝日新聞社より)


ぺっとの間でもがんの病気が増えていますよね。
唾液は人間だけでなく、ペットにもあるわけですからワンコたちの間でも
唾液によるがん早期発見ができる日がくるんでしょうね。


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0

やっぱり犬好きはアウトドア派で、猫好きはインドア派? ペット総研調べ :: 2010/06/28(Mon)

台湾は昼過ぎまでどっ天気で午後は雷雨、という日が続いています。
朝の散歩はokですが、夜は雨を避けたいのでちょっと遅めに。
すいももたちは午後は家でゆっくり過ごしています。



今日はこんなおもしろニュース。

ペットのアンケートサイト「ペット総研」は6月23日、ペットオーナーの
ライフスタイルに関するアンケート調査の結果を発表した。

ペットオーナー1349名を対象に行われたアンケートでは、家族構成や住環境
などの基本的な生活情報から、趣味・嗜好、消費活動など、多岐に渡る調査が
行われた。その結果によると、生活様式に関しては「一戸建て(持ち家)」
「配偶者とふたり暮らし」「世帯年収200〜400万円未満」というペットオーナーが
多いことがわかった。

犬・猫別に見ると、世帯年収が「200万円未満」、居住人構成が「1人」と回答した
猫オーナーが犬オーナーの倍近くにのぼったほか、住居形態が「一戸建て(持ち家)」
と回答した犬オーナーが猫オーナーに比べて10%以上多いなど、猫オーナーは
犬オーナーに比べ、集合住宅にひとり暮らしをしながら飼育している人が多いことをうかがわせた。

また、趣味・嗜好に関する調査結果からは、例えば「ドライブ・ツーリング」や
「旅行」などのアウトドアなものは犬オーナーのほうが、「読書」「漫画」「カラオケ」
など室内で行うことが多い趣味は猫オーナーのほうが好む傾向が強いこともわかった。
「ペット総研」はこの結果より、ペットとしてどの動物を迎えるか決める際には、
自分や家族の趣味や好み、ライフスタイルがとても大きな影響を与えるようだと分析している。

また、これからペットを飼う予定の人は、ペットを飼うのに適した住環境や飼育に
必要な人数、費用などについて考える際に、これらの先輩ペットオーナーのデータを
参考にしてほしいとしている。
(ペット総研「ペットオーナーのライフスタイル」より)




趣味や嗜好は人それぞれですから一概には言えませんよね。
ワタシは犬派!でも旅行・ドライブも読書もカラオケもだ~いすき♡
でも外出を多くする人だったら一緒に出歩ける犬の方が多いのかな?


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0

これぞアメリカン・ジョーク? ペットの「ヘンな名前ランキング」【犬編】 米国 :: 2010/06/24(Thu)

梅雨の時期じめじめしていてワンコたちは
皮膚病の心配な季節でもありますね。
早くカラッとお天気にならないかな~。


さて。
日本での昨年の犬の名前で人気第一位は「モモ」ちゃんだったそうですが、
アメリカでも面白調査が行われたようですよ~。


アメリカ最大手のペット保険会社「VPI」は17日、ペットに関する、ちょっと
変わったランキング結果を発表した。トップ10に選ばれた犬や猫に贈られた
称号は、“もっともヘンな名前のペット”だ。

同社のペット保険に契約している約50万頭ものペットのなかから、
社員らがヘンな名前をつけられた犬と猫を選び出し投票を行い、各々上位
10頭を選出するという方法で作成された、このランキング。

言葉や文化の違いもあり、我々日本人にはそのユーモアがなかなか理解
しがたい名前も多いが、なかには「ドッグ・ベイダー」「ベティ・プープ」
「クレオキャトラ」など、比較的元ネタのわかりやすいヘンな名前も見られ、
ちょっと笑える。

有名人やキャラクターの名前をそのままつけるのではなく、ちょっとモジったり
ヒネったりしているあたり、アメリカのペットオーナーは、
意外とダジャレ好きなのだろうか?

ランキング詳細は以下の通り。

【犬編】
1:Pickle Von Corndog
(ピクル・フォン・コーンドッグ/
ピクルスを作っている最中に思いついたらしい)

2:Lord Chubby Pruneface
(チャビー・プルーンフェイス卿/“プルーン顔”=顔がシワシワだから)

3:Badonkadonk
(バドンカドンク/スラングで“魅惑のお尻”の意だとか)

4:Ninjastar Dangerrock
(ニンジャスター・デンジャーロック/
身のこなしが忍者ばりに華麗だったことが由来)

5:Molly Mcboozehound
(モリー・マクブーズハウンド/二日酔いでゲッソリしているように
見える顔の模様から、“酒豪”を意味する“boozehound”を名前に入れることに)

6:Dog Vader
(ドッグ・ベイダー/もう言わずと知れたあのキャラクターのモジリ)

7:Flopsy Squeakerton
(フロプシー・スクイーカートン/詳細不明。
でもおそらくスクイーカー入りのおもちゃが好きだからかと)

8:Bettie Poops
(ベティ・プープ/“ベティ・ブープ”のモジリ。
ちなみに“Poop”は“ウンコ”の意)

9:Geez Louise
(ジーズ・ルイーズ/“オー・マイ・ゴッド”的な感嘆詞)

10:Barnaby Bones
(バーナビー・ボーンズ/
ドラマ『名探偵ジョーンズ』のバーナビー・ジョーンズのモジリ)

(「ペット大好き!」より)


わかりにく~いアメリカンジョークもあれば、日本にはない新鮮さもあったり。
ワンコの名前もお国によって様々ですね~。


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0

◆「犬の国勢調査2010」結果発表 1番人気はやっぱりダックス◆ :: 2010/06/23(Wed)

わー。こちらもこんなに放置してしまいました。
続けることはムズカシイ。がんばります(;´Д`)





さて。
今年も「犬の国勢調査」の結果が発表されましたよ~。


アイリスオーヤマ株式会社は15日、同社のウェブサイト会員に対して行った
アンケート調査「犬の国勢調査2010」の集計結果を発表した。

今年3月の「猫の国勢調査2010」に続いて行われたこの調査では、
同社が運営する「アイリスペットどっとコム」会員2880名・4023頭を対象に、
犬種や年齢などの基本情報から、愛犬とよく利用する施設など、多岐に渡る
アンケートが行われた。

その結果によると、もっとも多かった犬種は依然根強い人気を誇る
ミニチュア・ダックスフンドで、2歳~7歳の成犬がもっとも多い年齢層となった。

愛犬と一緒に外出する頻度を問う設問では、「週に1度」が約30%でもっとも多く、
ついで「2週間に一度」(約20%)と続いた。また、その目的地では
「公園・キャンプなどの野外施設」が一番人気だったが、一方で
「ショッピングモール・ホームセンター」など、愛犬と一緒に買い物が楽しめる
場所も利用者が増えていることがわかった。

 そのほか、各設問の1位の回答は以下の通り。

【年齢】 2歳以上7歳未満(48%)
【猫種】 ミニチュア・ダックスフンド(17%)
【性別】 オス・未去勢(27%)

【飼育状態】 完全室内飼い(85%)
【住宅環境】 一戸建て(69%)

【お散歩以外のお出かけ回数】 1週間に一度程度(33%)
【お出かけ時の行き先】 公園・キャンプ場などの野外施設(55%)

【おやつをあげるタイミング】 しつけのとき(49%)
【過去1年のトリミング回数】 過去一度も行っていない(28%)

【飼育のきっかけ】 犬が好きだから(75%)
【犬を迎えた場所】 ペットショップ(52%)

【今まで飼った愛犬の頭数】 2頭目(36%)
【愛犬の困った点】 抜け毛が気になる(14%)

※()内は全体を占めるおおよその割合

【参考】 アイリスペットどっとコム「犬の国勢調査2010」



ミニチュア・ダックスでしたか~(。→∀←。)
ミックスも負けてませんでしたね。

台湾でこの調査をしたら何犬になるんでしょう??
やっぱり多いのはトイプーかチワワ?!
もしかして台湾黒犬!とかになるのかも?


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ニュース
  2. | trackback:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。