たいワンちゃ。

台湾生活ワンにゃら日記。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

「ドッグフード」参考サイト紹介/手作り食の参考に。 :: 2009/05/01(Fri)

手作り食を作ることを決めた際に
「ドッグフード」について調べていた時に見つけた
勉強になったサイトをご紹介します。



ドッグフード研究所
馬肉+イン こんなドッグフードに注意!
ウルフハウンド衣食住 食事――ドッグフードの選び方
【ムックと共に】第54話 ドッグフードの選び方
犬の手作りごはん専門店【愛犬厨房】
子犬のへや 犬の食事


他にもたくさんのためになるサイトがありました。
勉強させていただきました。どうもありがとうございます。
サイドバーの「ワンコlink」にもドッグフード・手作り食の他、
ワンコと暮らす上でためになるサイトがたくさんあります。
これから手作り食にされる方や考えている方も
よかったら参考にしてみてくださいね。


**


応援ぽちっ!
よろしくおねがいします♡

 にほんブログ村
(↑バナーにクリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで2位!ありがとうございます♡)
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ドッグフード
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

2009 Whole Dog Journal's Approved Foods-Dry :: 2009/03/13(Fri)

Whole Dog journalは毎月発行される雑誌で
犬の食事・健康・生態・トレーニング・病気などの内容は、
非常に専門的で充実していています。ブリーダーや
ショップのための雑誌、といったところでしょうか。
そのWhole Dog journalが毎年ドッグフードや
おやつなどの成分を評価して、Whole Dog journal
推薦ドッグフードとして発表しています。

広告を一切掲載しない運営方針なので
偏らない公平な雑誌としても有名であり、最近では
「アメリカで最も権威のあるといわれているペット雑誌のひとつ」
として知られています。



ドライ・缶詰などに分類されて発表されますが、
ここではドライフード部門を紹介します~。


【Whole Dog Journal's Approved Foods - Dry】
(Whole Dog Journal's推薦ドライフード)

Addiction Foods ~ New Zealand
■Viva La Venison made by Pied Piper Pet & Wildlife, Hamlin, TX
■Salmon Bleu made by Taplow Ventures, Vancouver, British Columbia

Artemis Pet Foods ~ North Hollywood, CA
■Fresh Mix made by Diamond Pet Products, Lathrop, CA
■Osopure made by Diamond Pet Products, Lathrop, CA
■Natural 6 Mix made by Eagle Pack Pet Products, Mishawaka, IN
■Power Formula made by Eagle Pack Pet Products, Mishawaka, IN

Back to Basics ~ Syracuse, New York
■Back to Basics Honesty made by CJ Foods, Pawnee City, NE

Bench and Field Pet Foods ~ Mishawaka, IN
■Bench & Field Holistic made by Eagle Pack Pet Products, Mishawaka, IN

Breeder's Choice Pet Food ~ Irwindale, CA
NOTE: All Breeder's Choice formulas are made at their plant in Irwindale, CA
■Pinnacle Holistic
■Active Care
■Advanced Pet Diets Select Choice
■AvoDerm Natural
■AvoDerm Natural Original Oven-Baked
■Health Food for Dogs

Burns Pet Nutrition ~ Valparaiso, IN
■Chicken and Brown Rice made by CJ Foods, Bern, KS
■Ocean Fish and Brown Rice made by CJ Foods, Bern, KS

By Nature ~ Londonderry, NH
■By Nature made by Blue Seal's plant in Arcade, NY
■By Nature Organics made by Chenango Valley Pet Foods, Sherburne, NY

Canidae Corp ~ San Luis Obispo, CA
NOTE: All Canidae formulas are made by Diamond Pet Foods, Lathrop CA, Meta, MO, Gaston, SC
■Canidae All Life Stages ~ Lamb/Rice, Chicken/Rice, Beef/Ocean Fish, Grain Free
■Canidae Platinum

Castor & Pollux Pet Works ~ Clackamas, OR
■Organix Organic made by CJ Foods, Bern, KS
■Natural Ultramix made by CJ Foods, Bern, KS

Canine Caviar Pet Foods ~ Costa Mesa, CA
■Canine Caviar made by Pied Piper Pet Food, Hamlin, TX

Della Natura Commodities ~ Bayside, NY
■Wenaewe made by Erro S.A, Uruguay

Diamond Pet Products ~ Meta, MO
NOTE: All of Diamond Pet dry dog foods are made at Lathrop, CA - Meta, MO - Gaston, SC
■Chicken Soup for the Pet Lover's Soul
■Premium Edge
■Professional Pet Food
■Taste of the Wild

Drs. Foster & Smith ~ Rhinelander, WI
■Drs Foster & Smith Adult Dog made by Chenango Valley Pet Foods, Sherburne, NY

Dick Van Patten's Natural Balance ~ Pacoima, CA
■Natual Balance Organic made by Chenango Valley Pet Foods, Sherburne, NY
NOTE: Natural Balance other dry formulas made by Diamond Pet foods, Meta, MO
■Natural Balance Original Ultra
■Natural Balance Limited Ingredience Diets

Dogswell, LLC ~ Los Angeles, CA
■Vitality made by Tuffy's Pet Foods, Perham, MN
■Happy Hips made by Tuffy's Pet Foods, Perham, MN

Evanger's Dog & Cat Food Co. ~ Wheeling, ILL
■Pheasant & Brown Rice made by Fromm Family foods, Mequon, WI
■Chicken & Brown Rice made by Ohio Pet foods, Lisbon, OH

Fromm Family Foods ~ Mequon, WI
NOTE: All Fromm's dry foods made at their own plant in Mequon, WI
■Four-Star Entrees
■Gold Nutritionals
■Classics

KLN Enterprises ~ Perham, MN
NOTE: All foods made at their plant Tuffy's Pet Foods/KLN Enterprises in Perham, MN
■NutriSource
■Natural Planet Organics
■PureVita

Life4K9 Pet food Corp ~ Dawsonville, GA
NOTE: All foods made by Bio Biscuit, Quebec, Canada
■Chicken & Barley
■Lamb & Barley

Lincoln Biotech ~ East Bend, NC
■Zinpro made by Chenango Valley Pet Foods, Sherburne, NY

Merrick Pet Care ~ Amarillo, TX
NOTE: All Merrick dog foods made at their plant in Hereford, TX
■Cowboy Cookout
■Grammy's Pot Pie
■Puppy Plate
■Senior Medley
■Turducken
■Wilderness Blend
■Campfire Trout Feast

Natura Pet Products ~ Santa Clara, CA
■Innova made at their own plant in Fremont, NE
■California Natural made at their own plant in Fremont, NE
■HealthWise made at their own plant in Fremont, NE
■EVO made at their own plant in Fremont, NE
■Karma Organic made at their own plant in San Leandro, CA

Nature's Variety ~ Lincoln, NE
■Prairie made by Pied Piper Mills, Hamlin, TX
■Instinct Grain-Free made by Pied Piper Mills, Hamlin, TX

Petcurean Pet Nutrition ~ Chilliwack, British Columbia
NOTE: All foods made by Elmira Pet Products, Elmira, Ontario, Canada
■Go! Natural
■Now! Grain-Free
■Summit

Perfect Health Diet Products ~ Elmsford, NY
■PHD Viand made by Chenango Valley Pet Foods, Sherburne, NY

Pet Chief Express, Inc ~ New Westminster, BC
■Salmon & Potato made by Champion Pet Foods, Ltd, Morinville, Alberta, Canada

Peton Distributors ~ Langhorne, PA
■Performatrin Ultra made by Chenango Valley Pet Foods, Sherburne, NY

Precise Pet Products ~ Nacogdoches, TX
■Precise Plus made by Texas Farm Products, Nacogdoches, TX
NOTE: Food made on production lines dedicated to Precise products.

SmartPak ~ Plymouth, MA
■LiveSmart foods made by Chenango Valley Pet foods, Sherburne, NY

Solid Gold Health Products ~ El Cajon, CA
NOTE: All dry foods made by Diamond Pet Products, Lathrop, CA and Meta, MO
■MMillennia Beef and Barley
■Hund-n-Flocken
■Holistic Blendz
■Just a Wee Bit
■WolfKing Adult
■WolfCub Puppy
■Barking at the Moon

Taplow Feeds ~ North Vancouver, BC
■FirstMate Grain-Free made at their plant in Chilliwack, BC, Canada
■FirstMate Classic made at their plant in Chilliwack, BC, Canada

VeRUS Pet Foods, Imc. ~ Abingdon, MD
■Life Advantage made by Eagle Pack Pet Foods, Mishawaka, IN.
■Advanced OptiCoat made by Eagle Pack Pet Foods, Mishawaka, IN.
■My Puppy Advantage made by Texas Farm Products, Nacogdoches, TX
■Adult Maintenance made by Texas Farm Products, Nacogdoches, TX
■Weight Management made by Texas Farm Products, Nacogdoches, TX

Wellpet ~ Tewksbury, MA
■Eagle Pack Holistic Select made by Wellpet's plant in Mishawaka, IN
NOTE: Wellness foods made by Hagen Pet Foods, Waverly, NY; CJ Foods, Bern, KS; American Nutrition, Inc, Ogden, UT and Diamond Pet Foods, Gaston, SC
■Wellness Core
■Wellness Simple Food Solutions
■Wellness Super5Mix



以下のフードは前年のリストから外された物です。
(毎年推薦リストも変わるのでご注意を。)
(NOTE For 2009: Nutro's Ultra and Wysong dry foods have been removed.
New addition for 2008 was transparency. For the first time, we required each company who, in the past, had a product on our "approved dry dog food" list to divulge, for publication, information about their manufacturing sites. Nine companies either refused to tell us or there was no response to our inquiry. Those 9 have been REMOVED from our current approved list of dry foods. )

【Dry Food REMOVED from Approved List】
□Azmira Holistic Animal Care (Tucson, AZ) - Refused to discuss maker of food
□The Blue Buffalo Company (Wilton, CT) - No response to our inquiry
□Cloud Star Corporation (San Luis Obispo, CA) - Refused to disclose manufacturing location.
□Newman's Own Organics(Aptos, CA) - Refused to disclose manufacturing location
□Owen & Mandeville Pet Products (Oxford, CT) - No response to either phone or e-mails
□Royal Canin USA, Inc. (St. Charles, MO) - No response to our inquiry
□Timberwolf Organics, Inc. (Winderwere, FL) - No response to our inquiry
□(Evolve) Triumph Pet Industries, Inc. (Warwick, NY) - No response to our inquiry


ここで推薦されていてもやはり参考までに。
各商品の内容を確かめて、ワンコそれぞれに合った
フード選びが大事だと思います。ただ評価の基準は

■高品質の動物性タンパク質を多く含んだもの。
■肉副産物や、家禽副産物を含まないもの。
■どの種類か明示しない脂肪分やタンパク質を含まないもの。
■穀物や野菜を使用したもの。
■人工の着色料・香味料・防腐剤を原材料に含まないもの。
■甘味料が加えられていないもの。
■オーガニック原材料を使用したもの。

という評価基準なので、このリストに入っている商品は
こういった部分を注目するには参考になると思います。


【上記リスト内で台湾で購入可能な商品】
□ADDICTION(代理店あり)
□By Nature(オークションで販売あり)
□(Taplow Feeds)Firstmate(代理店あり)
□Eagle pack(代理店あり =鷹格)

参考にしてみてください~。



**

応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村

+台湾茶+blog
もよろしくデス♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ドッグフード
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

【ドッグフード】ドッグフードと添加物 :: 2009/03/11(Wed)

添加物のハナシ。


*もうちょっとだから待ってね。

添加物って人間の食べものにも入っていたりしますが
ペットフードには人間の食べものに禁止、規制
されているものが入っていたりするので
チェックしてみてください。

前回のチェック項目も参考に
してみてくださいね。

■プロビレングリコール
半湿潤フ-ドに保湿作用、制菌作用、カロリー源などの
目的で使用されます。プロピレングリコ-ルを与えられた
犬には臨床的・血液学的影響は見られませんでしたが、猫では
赤血球にハインツ小体の増加や赤血球数の変化などが見られる
ので禁忌。染色体や細胞に突然変異を起こす危険性があります。

■エトキシキン
ゴムの安定剤・除草剤として開発されました。
肝臓ガン・胃潰瘍・膀胱ガンなどを引き起こすことが報告されています。
アメリカでのペットフードへの使用規制は150ppmまで。
(現在米国食品医薬品局【FDA】が75ppmまで規制するように提案中)
「枯葉剤の原料」という噂がありますが、枯葉剤の原料ではなく
「枯葉剤の酸化防止剤」として使用されていたようです。
ビタミンEよりも優れた抗酸化作用があり、安価で少量であれば
健康に害はないと主張するメーカーもあります。しかし今もって
犬に健康上の問題を引き起こす危険性は残されている物質です。
日本では飼料への添加は認められていますが、人間の口に入る
食品への添加は認められていません。
アメリカでは殺虫剤・除草剤・防カビ剤などに使用されています。

■亜硝酸ナトリウム
保存料として、また赤色着色剤として広く用いられ、
発ガン性・アレルギー性も確認されています。
肉の色素と化学反応を起こして鮮やかな赤色に発色し、
肉が黒ずむのを防ぎます。魚卵・魚肉・食肉に多く含まれる
アミンという物質と胃の中で化学反応を起こし、
ニトロソアミンと呼ばれる強力な発ガン性物質が生じます。
血管を拡張させる・血液中のヘモグロビンの鉄を酸化させる・
血液の酸素運搬能力を低下する・血球を壊して血漿中や尿に出し
尿細管を閉じたりさせるなどの報告もあります。

■BHA(ブチルヒドロキシアニソール)
ガソリン酸化防止のために合成された科学物質。
しかしこれが食品の酸化防止にも有効だということになり、
1954年には食品添加物としても認可され、食用油脂・バター・
マーガリン・ひまし油などにも広く使用されてきたという歴史があります。
ラット実験で発ガン性が認められましたが、この発ガン性は
ラットの前胃細胞に対する特異的なものという可能性が大きく
人間や犬など他の哺乳類への悪影響はないという意見もあります。

■BHT(ブリルヒドロキシトルエン)
1940年頃から石油用の抗酸化剤として用いられるようになり、
1954年にはアメリカ、1956年には日本でも食品添加物として
使用することが認められました。現在でも、魚介冷凍品・鯨冷凍品・
チューインガム・油脂・バター・魚介乾燥品・魚介塩干品・乾燥裏ごし芋
などへの限定的な使用が認められていますが、アメリカでの実験報告に
よれば膀胱ガンや甲状腺ガンを誘発する危険性があるといわれています。
また、肝臓・腎臓の機能障害をはじめ、代謝ストレス・胎児の異常・
血清コレステロールの増加を引き起こすことが報告されています。

■ソルビン酸カリウム
ソルビン酸は1959年にナナカマド(Sorbus aucuparia)の未熟果汁に
発見された天然に存在する物質で、保存料として使用されます。

■グリシリジン・アンモニエート
安全性が完全に確認されたわけではない甘味料。
人間への使用は禁止されています。

■没食子酸プロピル
フードの損傷を遅らせるために用いる化学物質。
肝臓の損傷を引き起こす疑いがあり。

■赤色3号
ラットに投与した実験では、赤血球の数が減少してヘモグロビン値が
低下すると報告されています。ラット2世代目に対して0.1~4%を
餌に混ぜて食べさせた実験では、2代目のラットに甲状腺線腫の
明らかな増加が観察されたそうです。発ガン性があります。

■赤色102号
2%を含む飼料をラットに90日間食べさせたところ、赤血球数が減り、
さらにヘモグロビン値、GOT・GPTの低下が認められました。
また赤色102号を3%含む餌をラットに1年以上与えた実験では、
次第に食欲がなくなって体重が減り、心臓や肝臓が体重に比べて
重くなったという結果が出ています。人間には蕁麻疹を起こすことが
知られています。

■赤色104・105・106号
0.04%を含む餌をラットに20ヶ月間食べさせ続けた実験では、
2ヶ月以降食べる量が減り、成長が悪くなったとしています。
また1%を含む餌の場合、甲状腺の重さが増える傾向が観察され、
GOTとGPTが明らかに上昇したという結果が出ています。
発ガン性があります。

■赤色40号
発ガン性があります。

■青色2・4・5号
ウイルスに対する犬の感応性を増大させることが証明されています。

■合成調味料
各メーカーが合成してフードに風味を与え、犬の嗜好性を刺激するもの。
調味料の安全性を確認することは難しいですが、仮にメーカーに直接問い
合わせても「製造ノウハウの関係上、具体名はお答えできません」などの
回答をされる可能性があります。


安全だと考えられる保存料は
ビタミンC・トコフェロール(ビタミンE)・
植物性由来抽出物質(ローズマリーなど)です。

実は、この事実を知ってから私もすぐに確認。
大変なことにすいかのドライフードに上の
気をつけたい合成添加物の1つが入っていました。
目にしたときは本当にショックでした。
すいかがアレルギーなのはこのせいか、
どうしてもっと気をつけてあげなかったのか、
とこのことが直接的な原因でなかったとしても
心が痛くてなりません。

有名なメーカーであればあるほど
堂々と危険な添加物が表示されていたりします。
私は気づくのがこんなにも遅くなってしまって
本当にショックだったし、自分を責めました。
もし、まだ気づいていない人がいたとしたら
少しでも今回の記事が参考になればうれしいです。


手作り食やホリスティックケアなどが注目されていますが
家族の一員であるコンパニオンアニマルのためにも
「過保護」ではなく「安全」を与えてやりたいです。

ちょっと深刻な話が続いてしまいました。
次回はすいももの日常を書きます~♪



**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村

+台湾茶+blog
もよろしくデス♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ドッグフード
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

【ドッグフード】ドッグフードと手作り食[2] :: 2009/03/10(Tue)

「ドッグフード」の話デス。

まずはドッグフードの種類から。
ドッグフードは3種類。

■ドライタイプ(ドライフード)
水分含有率6~10%。
ほとんどが加熱発泡処理された固形状のもの。
カロリー含有率は配合によって様々。自由採食で
給与することができます。タンパク質源に充分な
動物性タンパク質が使用されていないので炭水化物や
食物繊維量の多い低品質のフードはカロリー密度が低く、
その分必要な栄養を確保するために多くの量を摂取することに
なります。こういったフードの場合、消化率が悪く、糞便量を
増加させます。また、水分含有量が13%以上だとカビが生えたり
するので12%以下に保つ必要があり、安全性を配慮して
ほとんどが水分含有量10%以下となっています。

■セミモイストタイプ(セミモイストフード)
水分含有率15~30%。
ウェットタイプとドライタイプの中間の半生のフード。
押し出し機などで製造され、発泡していないものです。
水分が多いのに缶詰のように密封されていないので
必然的に添加物の含有率が高くなります。
水分保持のために「湿潤調整剤」を使用。

■ウェットタイプ(缶詰フード)
水分含有率75%。
缶詰やレトルトパックに入っているもの。
ドライフードよりも嗜好性が高いのが利点ですが
自由採食には向いていません。たんぱく質源に
大豆粉を使用し、それを着色して肉に見せた商品では
1gあたりの栄養価は低く、品質保持のために
殺菌工程を経て密封容器に充填します。密封容器には
缶詰・アルミトレー・レトルトパウチなどが使用されます。


3つ挙げましたが、この中で避けたほうがいいのが
セミモイストタイプ。上記しました通り、ドライフードに比べて
水分量が多く、酸化や腐敗が進みやすいので、
それをカバーするために合成保存料などの添加物が
入っている可能性が非常に高いです。
なので、賞味期限も異様に長いはず。



その他、ドッグフードにも並行輸入品(直輸入品)があります。
海外製造の同じドッグフードが安く手に入るけれど並行輸入品は×。

海外で製造されたドッグフードはほとんどが船で輸入。
正規契約のメーカーは輸入量が多いのでコンテナやチャーター便を
使用して北の気温が低いルートで輸入します。しかし並行輸入品は
少量なので混載便(他の荷物と一緒)になり、経路によっては
赤道直下を通る事もあります。船内温度が外気温以上になり、
湿度が60%以上になることもあるそうです。間違いなく品質劣化を
起こしているはず。また平行輸入品は燻蒸されるものが多くとても危険。
燻蒸は毒性が強い臭化メチルやリン化アルミニウム・青酸ガスを使用して
輸入品に紛れ込んでいる病害虫を駆除する目的で行います。

燻蒸は規制がありますが、ペットフードには規制はないので
どんな薬品をどのような方法で使用しても問題ないというわけです。


何がいいのかわからなくなりますが
ドッグフードの選び方について
私なりの「目安」を書いてみたいと思います。
独自の目安なので参考にしてみてくださいね。

長くなったので下のMORE…からどうぞ。


**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村

+台湾茶+blog
もよろしくデス♡ 続きを読む

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ドッグフード
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

【ドッグフード】ドッグフードと手作り食[1] :: 2009/03/09(Mon)

今日は
先日の「ドッグフード」の話その?。

ペットに手作りゴハン、最近多いですよね。
手作りゴハンの本なども多く出ていますが
犬に手作り食!なんて聞くと
「犬なんてペットなんだから」
「そんなの単なる過保護だ!」
「お犬様(!)じゃないか!」
なんて思う方も多いと思います。

我が家ではすいかとすももは
わたしたちの家族だけれど「犬」は「犬」として
人間とは違うということを意識して飼っているつもりです。

なので、
私も少し前までは上記した中の1人でした。


でもなぜそこまでペットへの
手作り食が広がっているのか?
気になってまず調べたのが「ドッグフード」について。

調べていくうちにわかったのが、多くの飼い主さんも
選んでいるドッグフード(ペットフード)には人間の食には
考えられないものが入っているということです。

なぜドッグフードがここまで普及し、
こんなに安く手に入れることができるのか、
実はこんなものが入っているから。

■4D
4Dは人間の食用として使用することを禁止された
Dead(死んだ動物の肉)
Dying(死にかけていた動物の肉)
Disabled(身体の一部に障害のある動物の肉)
Diseased(病気の動物の肉)
のことで多くのドッグフードの原材料に使用されている。

■肉副産物
(by product meal・meat meal・meat and bone meal)
肉副産物というのは肉そのものではなく
動物の肺・肝臓・腎臓・胃・腸・血液などを含み、
さらに粗悪なドッグフードでは糞尿や屍骸・羽などが
含まれている場合があります。原材料の中に肉副産物と
表記されていなくてもこのようなものを含んでいるフードは多々。

□鶏肉
人間用に育てられた鶏肉の検査で不合格になったもの。
検査の段階で疾患をもっていたり、高濃度の薬物が
残留している鶏肉はペットフード用として出荷される。

□大豆
ドッグフードに使用される大豆と呼ばれるものの
ほとんどは有用成分を出し切った残りかす。
有害であるとされているため畜産動物の
飼料原料として使用することが禁止されている。
また、大豆が本当に使用されていても一定期間
給餌されると胃腸を刺激する酵素があり、
長時間ゆっくり煮込まないと酵素の影響で消化液の量が減少。
胃の内容物の発酵が起きてガスが発生する。

■賞味期限について
多くのドッグフードは1年~2年。
なぜこんなに長い間保存ができるのかというと、
人間の食品に使用禁止・限定されている「抗酸化剤」を
大量に使用している可能性があるから。
※添加物については大変なショックを受けたので
今度また改めて書きたいと思います。


おおまかにいうとこんな感じ。
これだけでも怖いですよね。

それだったら「危ないもの」が記載されている
ドッグフードを買わなければいいのでは?と思いますが、
日本の場合で言えば、法律ではメーカーがドッグフードの
成分表示を行う義務がありません。ペットフード公正取引
協議会では原材料を多い順に80%まで表示すればよいとしています。
また【賞味期限について】で書いた「添加物」については
添加物をを「原材料」として表示するかどうかは
メーカーの判断に任されているそうです。

極端に言えば(ほとんどの)人間は犬を食しません。
なのでドッグフードに法律上で何の規制もかかっていなくても
人間には影響がないのでよい、ということです。


ドッグフードについて調べて、
このような様々な情報を目にしてから
すいかとすももへの「過保護」ではなく、彼らの
「安全」のために食について考えるようになりました。

手作り食が一番いいのはわかっていますが
時間も手間もかかる(さらに私は料理嫌い。)ので
やっぱりドッグフードは常備しておきたい、と考えるワタシ。
(はじめからやる気のないその根性がいけませんが…。汗)
で、いろんなドッグフード調べてみました。

次回はドッグフードをどのように選んだらよいか?
選び方の目安を書いてみたいと思います。



**

応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村

+台湾茶+blog
もよろしくデス♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. ドッグフード
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。