たいワンちゃ。

台湾生活ワンにゃら日記。




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

内分泌系疾患におすすめのサプリメント【3】 :: 2011/07/08(Fri)

内分泌系はホルモンを分泌する器官の総称で、分泌された
ホルモンは血液中に溶け出して全身をまわり身体中に運ばれ
ます。このホルモンがほんの少しでもバランスが崩れるだけで
病気になってしまいます。

犬の内分泌系の病気には甲状腺機能亢進症・甲状腺機能低下症・
副腎皮質機能亢進症・副腎皮質機能低下症・腎皮質機能亢進症・
糖尿病があります。



内分泌系疾患におすすめのサプリメント【1】
⇒副腎皮質機能低下症・副腎皮質機能亢進症・

内分泌系疾患におすすめのサプリメント【2】
⇒甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症

内分泌系疾患におすすめのサプリメント【3】
⇒糖尿病



=====



【糖尿病】


膵臓から分泌され、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込んだり、
体内で脂肪やたんぱく質を合成する働きをもつホルモン『インスリン』。
ブドウ糖は血液と一緒に全身に送られエネルギーとなります。
ブドウ糖をそのまま直接利用することはできないので、インスリンの
力を借りて組織に吸収され利用されます。余るとグリコーゲンとして
肝臓に蓄積されます。しかし、インスリンの分泌が低下したり、分泌
されていてもその働きが悪いと体内でうまく利用できなくなります。
利用できなかったブドウ糖はそのまま血液中に残り血糖値が上昇します。

犬の糖尿病も人間と同様、このインスリンの働きが悪かったり、
量が不足する事により、血液中の糖分が慢性的に多くなりすぎて
引き起こされる病気です。体内に蓄えられなかった糖分が尿に含まれる
ようになるため糖尿病と呼ばれます。糖尿病にかかりやすい犬種としては
ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリバー、セントバーナード、
ダックスフンド、ジャーマン・シェパード・ドッグなど。

肥満・ストレス・感染症も原因になります。犬は遺伝的なインスリン不足
が原因のことが多く、その他膵炎・肥満・感染が原因。犬ではほとんどの
症例が絶対的なインスリンの分泌不足となっています。

のどが渇きやすくなり、水を大量に飲むようになります。そのため
尿量が増加。それと同時にたんぱく質も失われるので食欲が増しますが、
反対に体重は減少していきます。体内にたんぱく質や脂肪などを蓄積する
ことができなくなるためです。重症になると嘔吐や呼吸困難が見られ、
白内障や網膜症・腎不全などの合併症を引き起こす場合もあります。


=おすすめのサプリメント=

[ハーブ]

■ダンデライオン
■カレンデュラ
■ユッカ
■アルファルファ
■ダンデライオン
■バードック
■ビルベリー

消化・栄養吸収を高める。
血糖値の調整維持に作用するイヌリンを含む。
血糖濃度を正常にする。

これらの働きのあるハーブ↓








[ビタミン・ミネラル]


ビタミンE・クロム・ビタミンC・消化酵素・
ミネラル・必須脂肪酸(オメガ3系)が働きかけます。










==



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村
blogランキング参加中!
スポンサーサイト

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. サプリメント
  2. | trackback:0

内分泌系疾患におすすめのサプリメント【2】 :: 2011/07/07(Thu)

内分泌系はホルモンを分泌する器官の総称で、分泌された
ホルモンは血液中に溶け出して全身をまわり身体中に運ばれ
ます。このホルモンがほんの少しでもバランスが崩れるだけで
病気になってしまいます。

犬の内分泌系の病気には甲状腺機能亢進症・甲状腺機能低下症・
副腎皮質機能亢進症・副腎皮質機能低下症・腎皮質機能亢進症・
糖尿病があります。


内分泌系疾患におすすめのサプリメント【1】
⇒副腎皮質機能低下症・副腎皮質機能亢進症・

内分泌系疾患におすすめのサプリメント【2】
⇒甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症

内分泌系疾患におすすめのサプリメント【3】
⇒糖尿病



=====



【甲状腺機能低下症】

甲状腺から分泌されるホルモンの一種『サイロキシン』の分泌が
減少することで起こる病気。生活環境やストレスなどが原因となって
発病したり、遺伝性もあると考えられています。またクッシング
症候群をはじめとする他の病気が原因となって起こる事もあります。

柴犬、シェットランド・シープドッグなどの中型犬、
ゴールデン・レトリーバーやシベリアン・ハスキーなどの大型犬に
よく見られます。小型犬にはあまり発症しません。甲状腺ホルモンは
体内の代謝の調節に関係しているため、このホルモンの減少により
体の中で様々な症状が出ます。


【甲状腺機能亢進症】

甲状腺から分泌されるホルモンの一種『サイロキシン』の分泌が
過剰になって起こる病気。ゴールデン・レトリーバー、ダックスフント、
ドーベルマン、ニューファンドランド、プードルなどがかかりやすい
犬種とされます。中高齢の猫にも多い病気です。

甲状腺ホルモンは体の代謝を調節するホルモンなので、その増加に
より体の中で様々な症状を起こす病気です。サイロキシンという
ホルモンは体の活力を高める役割があるので、このホルモンが過剰に
分泌される事により、体は常に興奮状態となり、落ち着きがなく
いつもイライラし、攻撃的になります。食欲が異常に増加しますが、
それにもかかわらず体重は減少します。また水を大量に飲むように
なるため尿量が増え、脱毛で被毛が薄くなり毛のツヤも悪くなります。

その他呼吸速迫・頻脈・ストレス不耐性・うっ血性心不全・下痢・
肝酵素上昇・赤血球の増加などの症状も。



=おすすめのサプリメント=

[ハーブ]

■シベリア人参
■ダンデライオン
■イエロードック
■バードック
■レッドクローバー

ストレスに強い体にする・消化器の
働きを助ける・興奮状態を抑える
などに効果のあるハーブ。

これらが含まれるサプリメント↓










[ビタミン・ミネラル]

■総合ビタミン
■ビタミンB複合体
■ビタミンC
■抗酸化サプリ
■必須脂肪酸

これらが含まれるサプリメント↓









==



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村
blogランキング参加中!

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. サプリメント
  2. | trackback:0

内分泌系疾患におすすめのサプリメント【1】 :: 2011/07/06(Wed)

内分泌系はホルモンを分泌する器官の総称で、分泌された
ホルモンは血液中に溶け出して全身をまわり身体中に運ばれ
ます。このホルモンがほんの少しでもバランスが崩れるだけで
病気になってしまいます。

犬の内分泌系の病気には甲状腺機能亢進症・甲状腺機能低下症・
副腎皮質機能亢進症・副腎皮質機能低下症・腎皮質機能亢進症・
糖尿病があります。



内分泌系疾患におすすめのサプリメント【1】
⇒副腎皮質機能低下症・副腎皮質機能亢進症・

内分泌系疾患におすすめのサプリメント【2】
⇒甲状腺機能低下症・甲状腺機能亢進症

内分泌系疾患におすすめのサプリメント【3】
⇒糖尿病



=====




【副腎皮質機能低下症(アジソン病)】

副腎皮質機能低下症とは、別名『アジソン病』と呼ばれます。
副腎皮質からのステロイドホルモンの分泌量が低下し、体の中
で様々な症状が起こる病気です。中年のメス犬に多くみられます。
プードルやコリーのメスに多く見られ、猫はめったに発症しません。

副腎皮質機能低下症の原因は自己免疫・感染・出血性梗塞・手術で
副腎皮質を摘出した場合・副腎皮質の出血・副腎皮質の萎縮・腫瘍
などが考えられています。ステロイド剤の投与を急に止めたり、
脳下垂体の異常からも起こる事があります。組織の90%が破壊される
と症状が出ます。

副腎皮質は糖質コルチコイドという代謝に関係しているホルモンと
鉱質コルチコイドという電解質の調整をしているホルモンを出しますが、
通常鉱質コルチコイドの放出の方がより低下します。

副腎皮質機能低下症の症状として、下痢・嘔吐・多飲多尿・体重減少・
食欲低下・元気がない、などの症状が見られます。急性の場合は
ショック状態から死に至るケースもあります。



【副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)】

副腎皮質機能亢進症とは、別名『クッシング症候群』と呼ばれ、副腎皮質
ホルモンの過剰分泌により引き起こされる病気です。6歳以上の成犬に
多く発症する考えられおり、主にダックスフンド、プードルなどの小型犬に
よく見られる病気です。まれに1歳未満の幼犬に起こる場合もあります。

一般的には脳下垂体にできた腫瘍などで異常が生じ、副腎を刺激する
ことで副腎皮質ホルモン『コルチコイド』が過剰分泌されるように
なります。他にはアレルギーなどの治療でステロイド剤を過剰に
投与したか長期間投与した場合の副作用として発症する場合があります。
(ステロイド剤は副腎皮質ホルモン)

副腎皮質機能亢進症の症状は、水分を大量に摂取したがるため
尿の量が増えるのが特徴です。他に食欲に反しての体重減少・脱毛・
腹部の膨れ・散歩を嫌がる・元気の消失・皮膚がうすくなる・肝臓の腫れ
などの症状も見られます。また糖尿病を併発する恐れもあります。


=おすすめのサプリメント=

[ハーブ]

■ネトル
■ダンデライオン
■パセリ
■シベリアニンジン

これらの副腎機能助ける働きのある
ハーブの含まれているサプリメント↓







[ビタミン・ミネラル]







==



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村
blogランキング参加中!

テーマ:犬のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. サプリメント
  2. | trackback:0

皮膚疾患におすすめのサプリメント :: 2011/06/25(Sat)

皮膚疾患の原因は多くは
・老廃物の排泄機能の低下
・免疫力低下

が考えられます。


肝臓・腎臓・リンパ系・免疫系・
消化器の機能はハーブでも高められます。

[皮膚疾患におすすめのハーブ]
バードッグ
慢性皮膚疾患を治療する体質改善作用。
レッドクローバー
バードッグの効果を高め老廃物や有害物質を排泄し血液浄化作用がある。
ダンデライオン
利尿作用、安全で効果的に肝臓を刺激。消化、解毒。
ガーリック
免疫力を高め、肝機能をあげ、抗菌作用、抗酸化作用。


サプリには





他にもバッチフラワーレメディなどあります。



==



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ホリスティックケアへ
にほんブログ村
blogランキング参加中!

テーマ:犬猫のいる生活 - ジャンル:ペット

  1. サプリメント
  2. | trackback:0

ベジタブルエンザイム(消化酵素)いいですよ~。 :: 2010/03/02(Tue)

旧正月も終わって台湾も普通の生活に戻りました。

お正月は雨の日が続いて外に出ることも少なかったので
食べても動かない=消化不良~!なんてことも。
人間でも注意したい食物の消化ですがワンコも同じ。
我が家は1年くらい前からすいももたちにコレ使ってます。


天然の消化酵素でタンパク質と脂肪の消化を促進!
[P]S.G.J.Producrs ベジタブルエンザイム S...


ドライフードは糞便量も多くなるので便秘にもなりやすいですよね。

小型犬であれば1日ティースプーン4分の1くらいの量を与えます。
ドライフードだけでなく手作り食にももちろん使える、
このベジタブルエンザイム(消化酵素)。ワンコたちの毎日の
健康チェックは排便でわかるといいますがこれを与えてからの
すいももたちの体内環境は一目瞭然!手作り食でも消化されにくかった
ニンジンなどもきちんと消化されて出てくるようになりました。
生まれつき皮膚疾患があるすいかのために
体内環境を改善しようとはじめたのがきっかけです。

便秘や消化系でお悩みの方ぜひ試してみてくださいね。



**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. サプリメント
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

膝蓋骨脱臼/関節に働きのあるサプリメント :: 2009/09/08(Tue)

膝蓋骨脱臼の診断を受けてから食事にサプリメントを
1つ増やしました。あれから3週間ほど、今じゃケンケンが
見られなくなりました。「サプリメントのおかげ!」だったのかは
わかりませんが少しでも助けはあったはず。
今日はそのサプリのご紹介です~。

           

ネット検索で一番評価がよかったものは
アースリスージMSMネイチャーベットSOD&ボスウエリア
の3種を混ぜて与えるというものでした。


アースリスージ(250錠)
*アメリカのペットプロダクツニュースという業界紙の賞も受賞していて、
犬のグルコサミン含有商品としては、成分の配合のバランスが
絶妙でとても評判が良いという情報。


MSM(250粒)
*アースリスージと一緒に与えると相乗効果がある。
MSM(メチルスルホニルメタン)は、コラーゲンおよび、グルコサミンの
構成物であり、抗炎症作用、痛みの信号を抑えるなどの働きがあるそうです。


ネイチャーベットSOD&ボスウエリア(150粒)
*自己免疫反応、炎症を軽減する効果がある。
SOD酵素は体内で増えすぎた活性酸素を取り除く「酵素」。
グルコサミン、コンドロイチン硫酸塩、MSMなどとあわせて使うと
関節炎の痛みを和らげる助けになるんだそう。


台湾で生活している為、これらの商品がすぐに手に入る
状態ではなかったので、ネットで調べたり、色々回ってお店の人や
獣医さんにも聞いた結果HartsJoint Care(中国語商品名:犬關節寶)
がいいとのことだったのでこちらを与えることに。
はじめにも書いたようにあれから3週間ほどでほんっとによくなって
今ではケンケンも見られなくなりました。感動。
先日獣医さんにも診てもらったのですが
「よくなったね」と言われ本当にホッとしています。

サプリメントは薬ではないので「治療」という意味ではありませんが
手術というリスクを考えた時に彼ら自身の自然治癒力も信じたいもの。
実際、我が家のケンケン足だったすいかがここまでよくなったので
ぜひ関節に悩みのあるワンコたちにおすすめしたいです( ´∀`)



**


応援ぽちっ!っと
よろしくおねがいします♪


にほんブログ村
↑バナーに1クリックいただけると「犬ブログ」
ランキング上でランキングポイントが付きます。
おかげさまで上位キープ!ありがとうございます♡

テーマ:わんことの生活 - ジャンル:ペット

  1. サプリメント
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。